RSS | ATOM | SEARCH
2着は負けの1番
 「2着は負けの1番」

有名な言葉なのですが,出展が分かりません。ごめんなさい。

勝手に解釈すると,

「1番にはなれなかったかもしれないが,敗れた人たちの中で最も成績がよかったのは,2着だったあなたなんだよ。」

と励ます意味の言葉なのだと思います。

世界バレー,アジア大会が開催中。

日本勢の活躍に,連日熱狂しながら応援しているところ(特に昨日のブラジル戦!)なんですが,スポーツをはじめとする勝負事は,勝つためにやっています。

なれるかなれないかは別にして,1番を目指して頑張って当然。

「やる前から負けること考えるバカいるかよ!」

とは,猪木さんの名言ですけど,やる以上は1番を目指さなければだめです。

でも,みんなが1番になれるわけではありません。

一生懸命頑張って,頑張って,頑張って,そして力尽きたときにこそ,敗者の努力をたたえるために,

「2着は負けの1番」

という言葉があるのだと思います。

圧倒的な格上との試合で,

何だか選手たちも「負けて当然」見たいな雰囲気でだらだらしていて,

それをごまかすために

選手の生い立ちや美談をたくさんちりばめて演出しているスポーツバラエティをよく見かけますが,

アレは順番が逆ですよね。


「こんな美談があるんだから,負けても許してあげようよ。」

じゃなくて,

「負けた! 悔しい! でもこれまで頑張ってきたんだから次こそはいけるよ!」

と,前向きに成長していけるような,応援ができればいいな,と思います。


女子バレー,今日は銅メダルをかけてアメリカとの対戦です。

やるからには勝ってください!

応援してます。
author:山崎直和, category:-, 09:29
comments(1), -, - -
Comment
>「2着は負けの1番」
出典はアメリカ海軍特殊部隊の訓練学校でよく言われる標語です。
英語で"Second place is first loser."
2番以下の人の努力を称賛する意味はまったくありません。
文字どおり「1番以外は全員、負け犬のカスだ」という意味です。
下の動画の2分7秒過ぎあたりに出てきます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12567582
http://www.nicozon.net/watch/sm12567582
通りすがりの者, 2012/05/29 5:53 PM